娘の部屋の模様替え&部屋を広く見せるレイアウト

クラフト&DIY
スポンサーリンク

こんにちは。

今回は部屋を広く見せるためのちょっとした工夫について書いてみたいと思います。

去年、娘が一人部屋が欲しいとのことで、今まで主人が使っていたオフィスを娘の部屋にしてあげました。(主人は地下に引っ越しました。笑)

そして娘の好きなように(家具の配置等)使わせていたんですが、何となく部屋が狭い印象で、改善の余地があリました。イマイチな感じ…(酷い親😅)

先日、娘の機嫌のいい時を見計らって『嫌いだったら元に戻していいから』という条件付きで模様替えをさせてもらいました。

以前の状態はこんな感じ(汚いです💦)

そして模様替えの後

置いてあるものは同じなので、劇的な変化ではありませんが、でもだいぶ雰囲気が変わりました。部屋がだいぶ垢抜けた感じです。

スポンサーリンク

部屋を広く見せるレイアウト6つの方法

ベッドの置き方

Image from Pinterest :Homenish.com

ベッドは壁に横付けよりも、部屋の真ん中に縦に置いたほうが、部屋の広さが引立ちます。

スタジオタイプのような ベッドとリビングが一緒になってる場合は難しいかもしれませんが、純粋にベッドルームとして使えるならドーンとベッドを真ん中に置いた方が断然可愛くなります。

カーテン

カーテンのことについては以前の記事でも書いてますが、付ける位置は高く幅広くです。

昔、主人がこの部屋を使っていた時はずっとブラインドを使っていて、ここは可愛くない部屋なんだと思い込んでいました。(笑)

が、娘の部屋になって、ブラインドをカーテンに変え、壁の色も暖かい系の白に塗り替えたら、急に部屋自体が明るく広く感じるようになり、一気に可愛くなりました♪

カーテンの色は壁の色と同系色にすると統一感が出ていいと思います。

部屋の壁の色

部屋の色は白ベースの方が断然広く感じるように思います。

日本で部屋が白なのは普通と思いますが、アメリカは紫や赤などびっくりするような色を使う家が普通にあります💦)

主人が使っていたこの部屋は、黄褐色(要は黄土色)のような色で、以前のオーナーが使っていたそのままの状態でしばらく使用していました。

娘の部屋になり、部屋全体を白で塗り直してカーテンをつけたら、雰囲気が大分変わりました。部屋の色やカーテンの差って大きいですね〜。

鏡を置く

Image from Pinterest:Homenish.com

姿見を窓の反対側に置くことで、光を反射し、部屋自体を明るくし、更に鏡による目の錯覚で、部屋を広く見せる効果があると言われています。壁にミラーをかけてもいいと思います。

観葉植物を置く

これは広く見せるというよりは部屋を可愛く見せる必須アイテムと思います。家の中に土を入れたくないという理由で造花を使う人がとても多いですが、個人意見としては観葉植物は生の方が断然好きです。

Pinterest: Puresaltinteriors.com

絵を少し高い位置で飾る

今回は飾る絵がなかったのですが、ベッドの頭上に大きめの絵を飾っても天井が高く見える効果がありそうです。複数の絵を飾ってアートギャラリーにしてもいいですね。

Pinterest:chrislovesjulia.com
スポンサーリンク

まとめ

今回は娘の部屋を模様替えをしつつ、狭い部屋でも広く見えるようなレイアウト方法を考えてみました。娘は変更する前は「多分また元に戻すよ」とか言ってたんですが、すっかり気に入って、部屋を常に綺麗にしてくれるようになりました。ありがたい〜

良かったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ


ナチュラルスタイル(インテリア・雑貨)ランキング

Home&Designノート - にほんブログ村

クラフト&DIY
スポンサーリンク
りんをフォローする

コメント

Translate »